620円 【第1類医薬品】ヘルペシアクリーム2g 【セルフメディケーション税制対象商品】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 その他医薬品 第一類医薬品 620円 【第1類医薬品】ヘルペシアクリーム2g 【セルフメディケーション税制対象商品】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 その他医薬品 第一類医薬品 第1類医薬品 ヘルペシアクリーム2g 『4年保証』 セルフメディケーション税制対象商品 oretachi.jp,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , その他医薬品 , 第一類医薬品,【第1類医薬品】ヘルペシアクリーム2g,620円,/abomasum883680.html,【セルフメディケーション税制対象商品】 oretachi.jp,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , その他医薬品 , 第一類医薬品,【第1類医薬品】ヘルペシアクリーム2g,620円,/abomasum883680.html,【セルフメディケーション税制対象商品】 第1類医薬品 ヘルペシアクリーム2g 『4年保証』 セルフメディケーション税制対象商品

第1類医薬品 ヘルペシアクリーム2g 4年保証 激安セール セルフメディケーション税制対象商品

【第1類医薬品】ヘルペシアクリーム2g 【セルフメディケーション税制対象商品】

620円

【第1類医薬品】ヘルペシアクリーム2g 【セルフメディケーション税制対象商品】










※第1類医薬品をお買い求めの場合は、メール確認後、購入履歴から承諾必要となります。必ずorder@rakuten.co.jpからのメールを受信できるようご設定願います。
※選択肢は必ずご使用者の状態をお選び下さい。
※薬剤師から用許可がおりなかった場合等はご注文は全キャンセルとなります。
上記、予めご了承下さい。


※こちらの商品は、過去にヘルペスとして医師の診断・治療を受けた方、ご使用経験がある方に限ります。当てはまらない方への販売は承れません。
その場合はまず医療機関を受診されることをお勧めいたします。

■情報提供資料
■購入個数制限あり:3個まで

「ヘルペシアクリーム 2g」は、抗ウイルス薬アシクロビルを配合した口唇ヘルペスの再発治療薬です。ピリピリ・チクチクなどの再発のきざしがあらわれたら、早めに治療を開始すると効果的
です。医薬品。 使用上の注意

●してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
(1)初めて発症したと思われる人、患部が広範囲の人。(初めて発症した場合は症状がひどくなる可能性があり、患部が広範囲に及ぶ場合は重症ですので、医師の治療を受けてください)
(2)本剤、本剤の成分又はバラシクロビル製剤によりアレルギー症状を起こしたことがある人。(本剤の使用により再びアレルギー症状を起す可能性があります)
(3)6才未満の乳幼児。(乳幼児の場合、初めて感染した可能性が高いと考えられます)
2.次の部位には使用しないでください
(1)目や目の周囲。(目に入って刺激を起こす可能性があります)
(2)唇とそのまわりをのぞく部位。(口唇ヘルペスは唇及びその周囲にできるものです)

●相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。(医師から処方されている薬に影響したり、本剤と同じ薬を使用している可能性もあります)
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。(薬の使用には慎重を期し、専門医に相談して指示を受ける必要があります)
(3)授乳中の人。(同じ成分の医療用の内服薬で、乳汁への移行が確認されています)
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。(薬などでアレルギーを起こした人は、本剤でも起こる可能性があります)
(5)湿潤やただれがひどい人。(症状がひどい場合は専門医に相談して指示を受ける必要があります)
(6)アトピー性皮膚炎の人。(重症化する可能性がありますので専門医に相談して指示を受ける必要があります)
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください関係部位症状
皮ふ 発疹・発赤、はれ、かゆみ、かぶれ、刺激感、疼痛、乾燥、灼熱感、
落屑(フケ、アカのような皮ふのはがれ)、じんましん

(本剤によるアレルギー症状であるか、本剤の薬理作用が強くあらわれたものであると考えられ、このような場合、同じ薬を続けて使用すると症状がさらに悪化するおそれがあります)
(2)5日間くらい使用しても症状がよくならない場合、又はひどくなる場合は使用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
(5日間位使用しても症状の改善が見られない時は、症状が重いか他の疾病によるものと考えるべきで、なるべくはやく医師又は薬剤師に相談してください)

効能

口唇ヘルペスの再発(過去に医師の診断・治療を受けた方に限る)

**解説**
口唇ヘルペスはヘルペスウイルスの感染によって起こる疾患です。一度感染したら、ヘルペスの症状がおさまってもウイルスはいなくなったわけではなく、神経細胞にじっと潜んでいます。風
邪をひいたり、ストレス、疲労などにより体調が悪くなった時に再び、ピリピリ、チクチクといった前駆症状(再発のきざし)に引き続き、赤くはれ、水疱ができてきます。このように、潜伏したウイルス等が何かのきっかけで暴れ出すことを再発と言います。
用法・用量

1日3-5回、適量を患部に塗布してください。(唇やそのまわりにピリピリ、チクチクなどの違和感をおぼえたら、すぐに塗布してください)
(チューブの穴の開け方) キャップを逆さにして、突起部をチューブの先に強く押し当ててください。

**解説**
・ピリピリ、チクチクといった感覚は、口唇ヘルペスの再発のきざしです。このような再発の初期から使用してください。
・使用時期は、毎食後、就寝前などの使用が目安です。
・家族で初めて発症したと思われる人が誤って使用しないよう、十分注意してください。

**注意**
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。
(5)口に入っても害はありませんが、なるべく口に入れたり、なめたりしないでください。
成分

1g中成分分量はたらき
アシクロビル50mgヘルペスウイルスの増殖をおさえます。


添加物:グリセリン、ジメチルポリシロキサン、ステアリルアルコール、プロピレングリコール、流動パラフィン、l-メントール、ステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート60、パラベン、ク
エン酸、クエン酸Na
保管および取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)使用前後によく手を洗ってください。
(4)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお、使用期限内であっても、開封後は6ヵ月以内に使用してください。(品質保持のため)
お問い合わせ先

この製品についてのお問い合わせは、お買い求めのお店又は下記にお願い申し上げます。
連絡先:大正製薬株式会社 お客様119番室
電話:03-3985-1800
受付時間 8:30-21:00(土、日、祝日を除く)

●製造販売元
大正製薬株式会社
東京都豊島区高田3丁目24番1号

リスク区分等:第1類医薬品

使用期限:使用期限まで1年以上あるものをお送りします。
※元々1年未満の商品やページに記載のあるものは上記の限りではありません。

【第1類医薬品】ヘルペシアクリーム2g 【セルフメディケーション税制対象商品】

  • ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

  • フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

  • 磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【電池の基礎シリーズ(1)】
2012年10月配信
1.電池の始まり
1660年頃、ドイツの物理学者ゲーリックは、イオウのボールの回転による摩擦で静電気を発生させる“摩擦起電機”を発明しました。その後1700 年代に入り、米国の独立宣言起草者の一人でもあるベンジャミン・フランクリンが電気には“プラスとマイナス”があることを提唱し、1752 年の有名な凧揚げ実験で、電荷がライデン瓶と呼ばれた蓄電器に集められて、雷が摩擦電気の放電現象と同じ現象であることを証明しました。
ゲーリックの摩擦起電機により静電気の研究は進展してゆきましたが、実用化を熱心に考えていたのは当時の医者でした。そんな中で1780年、イタリアの解剖医のガルバーニが、死んだカエルの足が金属のメスに触れるとけいれんを起こしたり、鉄柵に吊るしたカエルの足が雷の発生とともにピクピク動くことを見つけ、1791年その原因は動物電気(ガルバーニ電気)によるものだという論文を発表しました。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook