そば処「ふじ竹」

メニュー 通販商品 ギャラリー 女将ブログ トップページへ


ふじ竹のあれこれ

変わらないのもいいし、その時々で変わるのもいい。
毎年、四季折々、あるいは、日々、人間にも嬉しいこと悲しいこと色々あるように、ふじ竹にも色々あります。


イベントや、新しいメニュー、また、日々の他愛のない出来事など、このページは徒然につくってゆければと思います。




ギタリストの田中裕一君



千葉市出身のギタリストで、都内のライブハウスなどで活躍中の田中裕一君(私たち夫婦にしてみれば息子みたいな年齢なのでそう呼ばせて頂きます)がいらっしゃいました。短い時間ですが、たくさんお話しました。楽しかったです。ひょっとして来年早々に同店で彼のライブがあるかもしれません。皆様、お楽しみに。
そうそう、12月13日(木)の11:00〜12:00 NHK千葉放送局 FMラジオ 「ひるどき情報ちば」で、NHK千葉放送局 新会館オープン1周年記念イベント!として田中裕一君が生出演するそうです。なんと、なんと、一時間ずっとだといいます。楽しみですねえ。皆様、是非お聴きください。

田中裕一 オフィシャルサイト = http://yt.web5.jp/

2012年12月9日   Photo by T.Shibazaki

▲ このページの先頭へ




舞茸の天ぷら 



雪国まいたけの最高品種「鳳陽」を使ってます。
表面はからっと揚がってます。
しかし、中は適度にジューシーで、かつ、驚くほど、しこしこしてます。
何よりも、肉厚。
ボリューム感たっぷり。
さすが普通の舞茸とは違います。

右は、女将が撮ったその「鳳陽」です。
(女将ブログもよろしくお願いします。上のメニューボタンからどうぞ。)

今、この舞茸の天ぷらと韃靼そばのセットがなんと1000円です。是非、この季節の味をお楽しみください。

2012年10月31日   Photo by T.Shibazaki

▲ このページの先頭へ




舞茸「鳳陽」 



普通の舞茸と、ちょっと違います。
今なら当店の入口のところにあるショウケースの中に飾っております。
是非、ご覧ください。

2012年10月31日   Photo by T.Shibazaki

▲ このページの先頭へ




豚バラ丼セット



新メニューの登場です。
ジューシーな豚バラ肉を香ばしく焼き、甘辛いタレで絡めました。
とても美味しいと評判です。

2012年10月3日   Photo by T.Shibazaki

▲ このページの先頭へ




ふじ竹がテレビに・・・



JCNの「駅からマップ」(京成検見川駅編)にふじ竹が登場しました。
切り絵の柳家松太郎師匠に韃靼そばを食べて頂き、お礼にと、おそば屋さんの切り絵をその場でつくってくださり、頂戴いたしました。有難く飾らせて頂きます。

2012年9月

▲ このページの先頭へ




茂野製麺の商品カタログに・・・



茂野製麺様とのコラボ企画が完了しました。
同社の表紙のそばの写真について弊店が協力させて頂きました。
撮影場所提供と、料理を弊店が担当いたしました。
カメラマンは新検見川在住の吉田英央氏です。

2012年5月5日

▲ このページの先頭へ




当店の外観です



私どもの店舗を改めて見ると、なかなか味わいがあります。
毎日眺めていても飽きません。
この建物は漁師をやっていた店主の祖父の時の家です。
写真は色々な方が撮ってくださってます。
今回は色々とお世話になっているベイタウンの柴崎さんの撮影です。
有難うございました。    Photo by T.Shibazaki

▲ このページの先頭へ




茂野製麺とのコラボで・・・

当店が茂野製麺さんの季刊誌に登場します。
と言っても、茂野さんのそばがメインですが・・・。



カメラマン助手の田中郁衣さんと、同じく助手のケリーさんです。
お二人ともとてもチャーミングです。



スタッフの皆さんと記念撮影です。
この後、打ち上げがありました。

とても楽しかったと皆さん喜んで頂きました。

2012年4月8日

▲ このページの先頭へ




当店は検見川陸橋の下です



初めて来られる方は、当店の場所がなかなかわかりづらいかもしれません。でも、検見川陸橋のすぐ下(実際には40mくらい離れてます。)の旧道に面しております。   Photo by T.Shibazaki

▲ このページの先頭へ




カメラマンさんです



カメラマンの吉田英央さんと、田中郁衣さんです。
とてもいい雰囲気の方々です。
是非またいらしてくださいね。
Photo by T.Shibazaki

▲ このページの先頭へ




プロのカメラマンさんに来て頂きました



Zakiさんのご厚意により、当店のホームページをつくってくださることになりました。その為の撮影です。

上は、そばを茹でているところをカメラマンの吉田さんに撮影して頂いているところです。モデルさんも来られました。

2012年2月26日   Photo by T.Shibazaki

▲ このページの先頭へ




夜のふじ竹です



寒い日には寄せ鍋は如何でしょうか。
ちょっと贅沢に。
そして、身も心もほっかほか。   Photo by T.Shibazaki

▲ このページの先頭へ




寒い日には湯豆腐が暖まりますよ!!



湯豆腐にはやはり美味しい日本酒ですよね。
当店のお酒は、千葉の銘酒、甲子正宗です。
美味しいですよ。    Photo by T.Shibazaki

▲ このページの先頭へ




煮魚もあります



普通のおそば屋さんは、天ぷらや、丼ものはあっても、煮魚をやっているのはあまり聞いたことはないと思います。でも当店はあります。鍋もありますし、オードブルもあります。色々な楽しみ方があります。宴会も承っております。お気軽にお尋ねください。   Photo by T.Shibazaki

▲ このページの先頭へ




揚げそば



そばをカラっと揚げて塩をふるだけの簡単なものだけど、
おやつにもいいし、お酒のアテにもなるし。
香ばしくてやめられません。

ケリーさんに気に入って頂きました。

ケリーさんはピアニストです。

2012年2月16日

▲ このページの先頭へ




検見川神社



あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

検見川神社は、少し高台にあります。とても立派な神社です。
検見川にお越しの際は是非お参りに行ってください。
当店からは徒歩12くらいかな。

2012年1月吉日   Photo by T.Shibazaki

▲ このページの先頭へ




花見川の桜



3月11日の震災の後、稲毛、検見川、幕張には至る所に爪痕が残っています。もっとも被害の大きかった東北には及びもしません。今回の震災で亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

ところで、なかなか満開にならなかった今年の桜ですが、やっと咲きました。

2011年4月14日   Photo by T.Shibazaki

▲ このページの先頭へ




ぶっかけ韃靼そば



当店の韃靼そばは、苦くありません。
tルチンがたくさん含有した韃靼そばを是非お試しください。
Photo by Shini

▲ このページの先頭へ




ふじ竹と、俺達のホームページとの出会い

2006年10月の初頭、幕張ベイタウンという住宅街にお住まいのZakiさんがひょいっと当店に来てくださいました。彼は千葉県で有数な製麺会社である茂野製麺の広告宣伝をされている方です。その一環である「茂野麺紀行」というシリーズに当店のことを記事にして頂きました。



上がその該当ページです。

茂野麺紀行の栄えある第2回の登場です。

http://www.shigeno.co.jp/contents/menkiko/mens02.htm



その時にカメラマンのしんさんが撮ってくださったのが上の写真です。

▲ このページの先頭へ




検見川無線送信所



検見川にはちょっと有名な建物があります。
検見川無線送信所です。
現在は廃墟になっておりますが、かつて、ここから「ニイタカヤマノボレ」というあの有名な暗号を発したということです。

上の写真は、Zakiさんのブログより。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Keyboard/
8444/zaki3/shibazaki_161.htm


2006年4月6日   Photo by T.Shibazaki

▲ このページの先頭へ
ギャラリー INDEX

ギタリストの田中裕一君

舞茸の天ぷら

舞茸「鳳陽」をショウケースに

豚バラ丼セット

ふじ竹がテレビに・・・

茂野製麺の商品カタログに・・・

店の外観です

茂野製麺とのコラボで

当店は検見川陸橋の下です

カメラマンさんです

プロのカメラマンさんに・・・

夜のふじ竹です

寒い日には湯豆腐が・・・

煮魚もあります

揚げそば

検見川神社

ぶっかけ韃靼そば

ふじ竹と俺達HPの出会い

検見川無線送信所





大好評の韃靼そばふりかけ。アツアツのごはんの上にふりかけるだけで、とても香ばしいそばの香り。美味しいです。お茶漬けのトッピングにもどうそ。




新鋭のギタリスト、田中裕一君にご来店頂きました。ひょっとすると来年早々、当店で彼のワンマンライブをやるかもしれません。
(2012.12.9)

田中裕一 WEB = http://yt.web5.jp/





茂野製麺様とのコラボでモデルさんもいらっしゃいました。(2012.2.26)


しげのオンラインショップ

味川柳のざるそばでおなじみ、千葉県鎌ケ谷市の茂野製麺です。オンラインショップをよろしくお願いいたします。上のバナーをクリックしてください。




きしのりこ
千葉県市川市出身。幼少の頃より、長唄・長唄三味線を学ぶ。中学高校では、ミュージカル部に所属。声楽、ボイストレーニング、ダンスを学ぶ。2004年より作詞作曲を始め、LIVE活動を開始。2008年よりピアノ弾き語りでのLIVE活動を開始。現在までに、6枚のCDをリリース。毎年ワンマンLIVEを開催し、LIVE本数は年間100本を超える。「ありがとうと笑顔を届けたい」という想いで歌を歌い、日本全国に活動の場を広げ、精力的に活動している。2012年、幕張情報サイト「まくじょー(maku-jyo.com)」にて、幕張の方々と共作にて作詞・作曲をした「まくはりのうた」を製作、CD発売。千葉を盛り上げるべく、千葉での活動も本格化。FMうらやすパーソナリティー(Bay City Caller、きしのりこのほげほげradio)をつとめる。

YUTUBE= http://youtu.be/zYHDX0NkEgk




このページの制作は、俺達のホームページが手掛けております。

Bay Dream Factory
Oretachi's Home Page





営業案内

ご予約・お問合せは・・・
043-273-2690  (ふじ竹・藤代)
 
メール h_22takeclub@yahoo.co.jp
 
住 所  〒262-0023 千葉県千葉市花見川区検見川町5-324
JR総武本線新検見川駅 徒歩10分
JR京葉線検見川浜駅 徒歩15分
駐車場あります。


地図= http://yahoo.jp/pjecnI ヤフーの地図

* ご予約承ります。
* お車でお越しの方(運転手様)へは、酒類のご注文をお受けできません。飲酒運転撲滅のご協力をお願いいたします。
* 送迎いたします。JR新検見川駅、京成検見川駅、JR検見川浜駅などから。但し、混雑時などを除きます。お電話でご相談ください。
  お帰りの際もご相談ください。最寄駅までお送りできます。但し、混雑時を除きます。
* 配達は、主に新検見川、花園など近辺、検見川浜近辺が主ですが、ご相談ください。





(C) Fujitake Kemigawa   Powered by Baydream Factory  俺達のホームページ